乾燥は肌の敵


どうしてさっぱりと肌を乾燥させることがニキビにつながってしまうのだろうと不思議に思う方も多いでしょう。肌が乾燥して起こる問題としては、肌の表面のバリア機能が低下してしまうということが挙げられます。肌の表面のバリア機能が低下してしまうとありとあらゆる刺激に対して抵抗力が弱まってしまうことになります。抵抗力が弱まっていると肌が余分に脂分を出すなどして肌を保護しようとします。結果としてそれが毛穴に詰まってしまってニキビなど肌表面のできものとなってしまいます。

保湿それで基本的に肌をきれいに保ちたいと思うならば、肌にしっかりと保湿をして栄養を与え、常に肌表面のバリア機能を良好に保つ必要があるわけです。女性の場合はメイクを毎日のようにする人がほとんどなので、洗顔フォームから保湿剤、メイクの種類まで自分に合ったものを選ぶ必要があります。保湿のための化粧水や乳液、クリームなども多くの種類が発売されているため、自分の肌質に合ったものを選ぶのは大変かもしれません。色々と試して自分に合ったものを探すと人が多いと思いますが、なかなかそれが難しいと感じる方は皮膚科などに相談してみたりして、専門家の意見を聞いてみるのも良い方法でしょう。

<関連記事>
生活習慣を直そう
ニキビは大人にとっても問題